本場のキムチを求め、横浜橋通商店街へ

本場のキムチを求め、横浜橋通商店街へ

本場のキムチを求め、横浜橋通商店街へ

最近、我が家はキムチにハマっています。
毎週スーパーへ買い物に行くと、キムチコーナーの前で立ち止まっては、
どれを買おうか悩んでいます。

 

そんな私と相方ですが、ある日、韓国人の作った本場のキムチが食べたくなりました。
そこでこの間、横浜市南区にある横浜橋通商店街へ行ってきました。
この商店街には、韓国の食材を取り扱っている店が数店あり、
自家製キムチも売られているのです。

 

商店街に到着すると、まずは商店街を端から端まで歩きました。
途中、自家製キムチが売られているお店を見つけては、どんなもんか眺めながら通り過ぎました。
どれも値段や量的には同じ感じだったので、どこのお店のキムチにしようか迷ったのですが、
最終的に相方が「ここにしよう」と、とあるお店に決めました。

 

お店の名前は失念してしまったのですが、決め手となったのはポップです。
他のお店は値札に商品名と値段しか書かれていなかったのに対し、
そのお店は値札の他にポップを出し、商品を詳しく説明していたのです。

 

お店が決まればあとはキムチを買うだけ。
白菜か大根で迷ったのですが、結局白菜を買って家に帰りました。

 

その晩の夕飯で早速食べましたが、スーパーのとは全然違うので驚きました。
スーパーで買うキムチは辛くなく、むしろ甘みを感じるくらいなのですが、
そのお店で買ったキムチは辛さがきいていて、その辛さが口の中にしばらく残る感じ。
それがたまらないのです

 

スーパーのも韓国食材店の自家製のも、どちらも美味しいのですが、個人的には後者の方が好みかな〜。